小説を書いたり本を読んだりしてすごす日々のだらだらログ。
 今日はムーンライトのほうで感想をいただいていました。また昨日今日も引き続き、「いつか、この手を」「いくつもの嘘と、隠しごと」に拍手をいただいています。お読みくださった方々、ありがとうございました!

 そして久しぶりに「去りゆく七月の空に」にも拍手をいただいていました。ありがとうございます。文フリなどで頒布されたアンソロジー「僕らはいつだって本の虫なのサ4」に寄稿したものを、だいぶ時間が経ってからWeb公開をした中編で、怖くない幽霊ものです。
 書いたのはかなり前ですが、自分ではけっこう気に入っています。でも地味なのでたぶんあんまりウケてはいなくて、それだけに、たまに読んでもらえるとやたら嬉しいです。ありがとうございます。
 そういえばこれを書いたころは、まだコメディ要素に挑戦したりもしていたんだなと思い出しました。人を笑わせるって難しい……シリアス一辺倒のほうが書きやすいからって、最近ちょっと諦め気味なんですが、書けないものが多いというのは悔しいので、またどっかで挑みたいです。

 書けないものがあるのって、当たり前といえば当たり前なんですけど、なんとなく悔しいのは小説書きの性なんでしょうか。単に負けず嫌いなだけなのか。最近BL2本続けて書いたのだって、発端は「恋愛ものが書けない」「書こうとしても違うものになる」「現実を直視しすぎてしまって結末までふたりがくっつかない」という数々の呪いを打破したかったという不純な動機が根っこにあって……今回はちゃんとくっつくところまで書いた! 恋愛っぽさがもうちょっと足りないような気もするんですがそこはまだまだ課題かな……

「去りゆく七月の空に」も、ふたりがくっつかないやつですね。幽霊と結ばれてしまったら怖くないホラーではなくなってしまうような気もするけれども。
 怖いのが苦手なので、その反動なのか、やたらと怖くない幽霊ものを書く癖があります……とっさに思い出せるだけでも、ちょっとした即興短編とかまで入れたらこれのほかに5本くらいあるので、またそのうち飽きずに書く気がします。ジャンルがとっちらかってるわりにはおんなじようなものばっかり延々と書いている気がするけど気にしない……

拍手

プロフィール
HN:
朝陽 遥(アサヒ ハルカ)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
朝陽遥(アサヒ ハルカ)またはHAL.Aの名義であちこち出没します。お気軽にかまってやっていただけるとうれしいです。詳しくはこちらから
拍手コメントをいただいた場合は、お名前をださずにブログ記事内で返信させていただいております。もしも返信がご迷惑になる場合は、お手数ですがコメント中に一言書き添えていただければ幸いです。
twitter
ブクログ
ラノベ以外の本棚

ラノベ棚
フォローお気軽にどうぞ。
最新CM
[01/18 スタッフ]
[05/26 中村 恵]
[05/04 中村 恵]
[02/04 隠れファン]
アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム
約1000文字まで送れます。 お気軽にかまってやってください。
カウンター