小説を書いたり本を読んだりしてすごす日々のだらだらログ。
 本題の前に。先週、「とこしえの黄昏の国」「雨の国」に拍手を頂戴していました。ありがとうございました!
 そして本題、第五弾。


【長編部門】

Veilchenさま「ペダンティズムの時代」
 http://ncode.syosetu.com/n3169cf/

 A~Zまでの頭文字をタイトルにあしらった短編集。未来を舞台にしたひとつひとつの短編は、それぞれ独立しているながらも、皮肉の効いたディストピアものが多くあしらってあって、通底するテーマが全体をばらばらにすることなくまとめています。かといって堅苦しすぎることもなく、所々くすっとできるような話が混じっていて、飽きずに読める。
 ひとつひとつの作品は短いながら、それぞれの短編ごとのテーマをきちんと掘り下げていて、読み応えたっぷりでした。手放しでオススメ。



津嶋朋靖さま「怪盗ミルフィーユ」
 http://ncode.syosetu.com/n5290cf/

 はるか昔に滅びた文明が遺した品々の発見によって、自ら築き上げた技術の枠をはるかに越えて宇宙開発が可能になった数百年後の人類。すでに第二、第三の太陽系の開発もおおむね形となって、人々の生活圏は大きく広がっている。そんな中、外宇宙を目指すために必要となるオーパーツを求めて方々に盗みに入る怪盗ミルフィーユと、その仲間たち。ところが、最後のひとつの鍵を手に入れて、怪盗を卒業しようとしたとたん、謎の連中に追われるようになって……

 タイトルから察しのつくとおり、いわゆるライトSFで、技術的な難しい話はあんまり出てこないっていうか、わりと「そこはそれオーパーツだから!」的な軽いノリでさくさく読めます。だけどそれでいてちっとも物足りなさを感じないのは、広大な舞台を飛び回る元気のいいストーリーと、そして開発された他星系などの背景をさりげなくしっかり描写してあるおかげ。
 なんかもう読んでいてただ楽しかった。



【短編部門】

右野前条さま「笑う門には」
 http://ncode.syosetu.com/n8388cg/

 宇宙時代を描くSF、と見せかけて現代社会と民主主義への痛烈な批判、だけどもやっぱりSF愛に溢れた作品。
 民主主義の失敗、宇宙空間を舞台に起こる戦争。戦争というのは、ただ力関係や指導者の欲だけの問題ではなく、経済や食糧事情等、さまざまな要因の絡み合った果てにによって起こるのだということ。遠い未来を舞台にした話であるにもかかわらず、読んでいて我々が生きている現代社会の構造を重ねて見ざるを得ないあたり、かなり諷刺色の強い作品には違いないし、色々と考えさせられたりもするのですが、しかし同時に胸の熱くなる戦闘描写といい、キャラクターの魅力といい、きっちりエンタメしている小説でもあります。
 ミリタリ方面に造詣の深い方ならなお楽しいかも。



ぷよ夫さま「空と電話」

 うしが可愛い……。
 って、これだけ書いても何がなんだかわかりませんね。人口の激減した世界、人々は小さな集落を作り、そこで「うし」に生活を助けられながら、ほそぼそと自給自足的に暮らしている。うしは、人間の願ったものの大抵を作り出して、その使い道を教えてくれる。たとえば作物。たとえば通信機器。たとえば飛行機の部品。
 人々はなぜこんな変則的な暮らしを送っているのか。うしとはいったい何なのか。たくさんの疑問符から始まるお話なんですが、全体にほのぼのしていて、少年少女のハートフル冒険ストーリーといった体。読んでいてわくわくします。
 読み進めていくと背景にはけっこうシビアな設定もあったりするのだけど、終始のんびりしたあたたかなムードに包まれていて、非常に癒やされました……。

 今回は以上。投票期限がじわじわと近づいてくる中(※9月末まで)、日々着々と読み進めています。どうにか期間中に各部門投票終えられそうかなー。
 未読作品がまだあと二十本くらいあるので、もう一回くらい紹介するかもしれません。それにしても読み応えのあるお祭りだったなあ!(気分はラストスパート)

拍手

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朝陽 遥(アサヒ ハルカ)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
朝陽遥(アサヒ ハルカ)またはHAL.Aの名義であちこち出没します。お気軽にかまってやっていただけるとうれしいです。詳しくはこちらから
拍手コメントをいただいた場合は、お名前をださずにブログ記事内で返信させていただいております。もしも返信がご迷惑になる場合は、お手数ですがコメント中に一言書き添えていただければ幸いです。
twitter
ブクログ
ラノベ以外の本棚

ラノベ棚
フォローお気軽にどうぞ。
最新CM
[01/18 スタッフ]
[05/26 中村 恵]
[05/04 中村 恵]
[02/04 隠れファン]
アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム
約1000文字まで送れます。 お気軽にかまってやってください。
カウンター