小説を書いたり本を読んだりしてすごす日々のだらだらログ。
 ぼやぼやしているうちに五月も残るところ数日です。びっくりします。時の流れが速すぎるよ……
 な、何もできてない。
 小説、ろくに書けてません。厳密にいうとまったく何も書いていないわけではないのだけれど、いま手をつけているのは、公開するかどうか微妙だからなあ。

 現代もので、血のつながらない父娘のファザコンな話なんですけども、特に構成とかエンターテイメント性とかわかりやすさとか、まあ要するに読み手の視線とかをまったく考えないで、なんとなく書いています。なんで書いてるのか自分でもよくわからないんですが、書いていると癒やされるので、本当に自分のための文章なんだろうなあ。

 それはそれで別にかまわないんだけど、人様に読んでもらうつもりのないものばかりをいつまでも書いていると、そういう姿勢がクセになりそうな気もします。どうなんだろうなあ……何も書かないままよりはましかもしれないけども。でも公開しない小説なんて、自分以外の人にとっては存在しないも同然なのよ朝陽さん。

 書き終わって、あとから手を入れて何とか体裁が整いそうだったら、なんとか改稿して公開しようか。
 でもそんなこと考えると、またぞろ変に欲が出るからなあ。

 欲、出てもいいんですけど。でも、それで面白くしたいとか考え出すと、また筆が止まりそうでおっかないです。このごろ仕事のほうで気疲れすることが多いのもあって、もともと怠け者なのが、ますます意欲に欠けています。困難を乗り越えて何かを頑張ろうとかいう気持ちにならない……

 仕事のほうがもうちょっと落ち着くまでは、とりあえず無理なくぼちぼちやろうと思っているのですが、なにせぐうたらなので、のんびりしようと思ったら、いつまでものんびりしていられます。焦るのもよくないけど、危機感が全くないのもいかがなものか。
 とりあえず、面白くしようとかそういうのは、先にまず書く習慣をしっかり取り戻してから考えたいなと思うんですけど。単なる逃げかなあ。

 そもそもプライベートの時間に仕事の勉強とか職場の人間関係の悩みとか、いっさい持ち込まなきゃいいんですけども。帰りのバスの中でスイッチオフにしてさ。このごろいまいちけじめがついていなくて、いかんなあと思います。
 いまの仕事をするにあたってこれくらいは熟知しているべきだ、という知識の水準に、どうもなかなか追いつかなくて、日々腰が据わらないです。だからといって家でオフの時間ずっと仕事の勉強するほどの根性もないしさ(このごろサボりがちです)。
 もっときっちりオンオフ切り替えなきゃなあ。

拍手

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
すごく解ります
HALさん

お疲れ様です。オンオフの切り替えは大事ですよね。解っているんですが、なかなか出来ません。土日の休みに「月曜日の朝一」までの仕事など入ってくると、「休みってなんだろう」みたいになってしまいます。

あと、仕事に必要な知識やスキル。僕は仙台に赴任して二年と少し経ちましたが、どうやら全然身に付いてないようで。(苦笑)
どうしたものかと、悩みながら日々過ぎていく状況です。まいったなー。

まあ、やるっきゃナイト!(まとまらない書き込みでした。)
Posted by 中村 恵 URL 2013.05.26 Sun 16:12 編集
Re:すごく解ります
 コメントありがとうございます。相変わらずお忙しそうですねえ……月曜の朝までっていやな言葉ですよね(涙) はじめから休日にやる前提の響きが憎たらしい!
 欧米式の、バカンスが毎年きまってある国に生まれたかったなあとか、このごろよくやくたいもないことを考えます。いい国ですけど日本。仕事のことを完全に忘れられる夏休みが欲しいですよね。三ヶ月とはいわないけれど二週間くらい……
2013.05.26 Sun 23:22
プロフィール
HN:
朝陽 遥(アサヒ ハルカ)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
朝陽遥(アサヒ ハルカ)またはHAL.Aの名義であちこち出没します。お気軽にかまってやっていただけるとうれしいです。詳しくはこちらから
拍手コメントをいただいた場合は、お名前をださずにブログ記事内で返信させていただいております。もしも返信がご迷惑になる場合は、お手数ですがコメント中に一言書き添えていただければ幸いです。
twitter
ブクログ
ラノベ以外の本棚

ラノベ棚
フォローお気軽にどうぞ。
最新CM
[01/18 スタッフ]
[05/26 中村 恵]
[05/04 中村 恵]
[02/04 隠れファン]
アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム
約1000文字まで送れます。 お気軽にかまってやってください。
カウンター