小説を書いたり本を読んだりしてすごす日々のだらだらログ。

マルゴ・トアフの銀の鳥」完結しました。
 最終14話はこちらから → http://ncode.syosetu.com/n6417bh/14/


 連載中から読んでくださった方、この拙く長い話にここまでお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。途中で励ましのお言葉をかけてくださった方々には、どう感謝していいかわかりません。おかげさまでなんとか途中で逃げ出さずに済みました。
 まとめ読み派の方、これから読んでみてやってもいいかなという方、どうぞよろしくお願いいたします。

 完結するなりの弱音で申し訳ないのですが、書いていて、とても苦しかったです。楽しい瞬間ももちろんたくさんあったんだけど、それ以上につらかった。
 連載中、ずっとぐらぐらしていました。いまもまだ、自分でとても冷静には見られないのですが、自分で思っているよりも全然書けていなくて、まるきり駄目なんじゃないのか、誰にも届かないんじゃないのかという気持ちと、いや下手なりに書きたいものはとにかく書いたという気持ちが、一時間おきに交互にやってきて、とにかく心臓にも胃にも悪かったです。

 ときどきここで書いているように、去年から温めていた話でした。最初に浮かんできたのは、主人公が空を見上げている場面だけだったのだけれど、わたしはどうしても、この子の話を、書きたかったんです。
 そのことが気負いになったのが、かえって悪かったのか、いつも以上に、うまく書ききれなかったという気持ちが強いです。
 思い入れが強いだけ、いつも以上に弱気になっているのか、本当にいつもより下手なのか、自分ではよくわかりません。どっちもかなという気もします。

 空想科学祭では、登録のときに日和って、感想耐性レベル(辛口がどれくらいまでOKかという表示)を「3(普通)」にしたのですが、それでもおそらく、厳しいご意見も頂戴するだろうと思います。どれくらいからが辛口かって、ひとによって違いますしね。
 厳しいこといわれてもしかたのない未熟さが、自分でもわかるから、もうこれはしかたない。
 腹をくくります。

 ひとつだけ、何があっても忘れないでおこうと思います。たとえほかの誰に読んでもらえなくても、誰からつまらないといわれても、たったひとりでも、誰かの心に届けば、その物語には、語られた意味があるということです。

 エトゥリオル、わたしはずっと、君の話を書きたかった。
 もっとうまく書いてあげられなくてごめん。
 どうか君の物語が、誰かの心に届きますように。

拍手

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
朝陽 遥(アサヒ ハルカ)
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
朝陽遥(アサヒ ハルカ)またはHAL.Aの名義であちこち出没します。お気軽にかまってやっていただけるとうれしいです。詳しくはこちらから
拍手コメントをいただいた場合は、お名前をださずにブログ記事内で返信させていただいております。もしも返信がご迷惑になる場合は、お手数ですがコメント中に一言書き添えていただければ幸いです。
twitter
ブクログ
ラノベ以外の本棚

ラノベ棚
フォローお気軽にどうぞ。
最新CM
[01/18 スタッフ]
[05/26 中村 恵]
[05/04 中村 恵]
[02/04 隠れファン]
アーカイブ
ブログ内検索
メールフォーム
約1000文字まで送れます。 お気軽にかまってやってください。
カウンター